育心メール通信20191021

私には孫が6人います。じーじです。

一番上の孫が現在小学1年生。
ちょうど一年前、この子の母親から相談がありました。

「お父さん~、○○(子どもの名前)大丈夫でしょうか~?
みんな塾や公文行っていて、賢い! ○○全然できないんです~~!」

関東に住んでいるのですが、周りは園児の段階から結構習いごとに行っているようで、どうも教育熱が相当高い地域のようです。

そこで、私が小学校に上がって困らないようにと、数(かず)の指導から始めました。
現在、繰り上がりのあるたし算・繰り下がりのある引き算など、だいたいこなせるようになり、

友達のお母さんから「○○君、計算速い!」と言われているようで、本人も算数が得意になってきているようです。

指導しながら、
小学校1年生の算数でも、お母さん方には教え方が分からないことが多いだろうな~
と思うことがいろいろとありました。

各単元には、ただできるようになればいいところと
内容をしっかり分かっていないと、次につながらない単元があります。

私には、そのあたりが見えますので、○○はスムーズに進んでいるのだと分かりました。

そして、これは○○だけにとどめるのではなく、この地域の園児や小学低学年の方にも広げていきたいと考えるようになりました。

そこで、育心の小学部を大改革することにしたのです。

「じーじの読み書きそろばん教室」と名づけることにしました。

今までのように、曜日・時間帯を学年によって固定したり
算国のセット受講にすることもなく、
自由に、1科目から受講することができます。

そろばんも始めることにしました。

内容は、新しいホームページに詳細に記載していますので、ぜひご覧ください。
→こちらです。

弟さん・妹さん・お友達にぜひご紹介ください。
もちろん兄弟割引あります。
園児大歓迎です!

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です