がくどう

育心でも学校の学童と同じ考え方で、お子さんをお預かりすることはできます。

さんすうやえいごの勉強をした後、ここでの宿題や学校の宿題、またはご家庭で用意していただいた問題集などを持ってきてやってもらったらいいでしょう。質問は私がいつでも受け付けます。

送りはおばあちゃん、お迎えはお母さんというときなど、お母さんの仕事帰りの時間までを有効に使ってください。

ただし、歌を歌ったりお遊びをしたりという感覚ではなく、あくまで学びの時間だと考えてください。教材はご用意ください。

受講料

受講料は受講講座のすべてのコマ数で決まります。

→こちらをご覧ください。