よみかき

どの教科を指導していても、「この子、問題を読めていない」「理解していない」ってことはよくあることです。読み書きはすべての基本。ひらがなの読み書きはやはり小学校に上がるまでにマスターしておきたいですね。

ひらがなのマスターから

ひらがなのマスターには順序があります。

幼児の段階で絵本に慣れ親しんでいるのが一番ですが、そうでなくても心配はいりません。ご家庭でおうちの方と楽しくお話しができているなら、よみかきの練習はこれからすればいいのです。その手順はこんな感じです。もちろん私が指導します。

 1.ひょう

はじめは、あいうえおの表をご家庭の壁に貼り付けることからです。お子さんに自然に興味を持ってもらいましょう。「あいうえお」を一緒に言ってやることからですね。

 2.よもう

お子さんと一緒に絵本や教科書を読みましょう。最初はおうちの方がリードしてあげましょう。こんな感じです。

 3.かこう

読めるようになれば、書く練習です。ていねいに書くことから始めます。

さらには「てにをは」の使い方、主語述語の問題、文の読解問題など、どんどん進んでいきます。

 4.無学年・進級式

教材は無学年・進級式のものを使いますので、自分のできるところから始めて、いくらでも先に進んでいくことができます。もちろん私がそばについていますので、質問もいつでもできます。

 5.進級テスト

テキストが終わったら進級テストを受けます。テストに合格したら、修了証をプレゼントします!

週回数

40分×週1コマ

教材費

1冊600円(年間8冊の予定)

受講料

受講料は受講講座のすべてのコマ数で決まります。

→こちらをご覧ください。